Entries by dsharpe

アドビの日本語フォント開発 30年の歩み 後編 #フォントの日 #Typekit

Adobe 前編のつづき 東アジアの日本、韓国および中国語圏(簡体及び繁体の漢字を用いる)の国々で利用でき、それらの複数の地域の文字を同一文書で使う場合でも書体デザインの一貫性を維持できる、Pan-CJK フォント「源ノ角ゴシック」(Source Han Sans、ただしGoogleはNoto Sans CJKの名称を使用)の書体ファミリーをアドビとGoogleの共同で開発し、2014年にオープンソースのフォントとしてリリースしました(ライセンス条件はOpen Font License version 1.1に従います)。 従来、東アジアの上記の地域で読まれることを想定した多国語の文書を製作する場合、それぞれの地域や国語に合わせたフォントを、別々に準備して用いる必要がありました。なぜなら、それぞれの地域で必要とされる文字の種類、グリフの種類が異なるからです。それは、同じ文字についても、例えば、漢字の「骨」は、グリフが中華人民共和国で用いられる簡体字「骨」と台湾などの地域で用いられる繁体字「骨」と日本及び韓国で用いる「骨」の間で異なります。 他方で漢数字の「一」のような文字では、グリフに地域間の違いはありません。それぞれの文字ごとに、それぞれの地域で最も標準的とされるグリフを明らかにした上で、それを他の地域で用いられているグリフと分離して、別々のグリフとしてフォントに収録する必要があるか、必要とする場合には、どれだけの数の異なるグリフが必要となるか、あるいは逆に、地域間でグリフの形状の差異が微細であれば、統合して一つのグリフにすることができるのか、地域によって異なるグリフがあり得る場合には、この判断をそれぞれの文字ごとに行う必要があります。統合されて、地域間で共有されるグリフの数が増えれば、フォントに収録する必要のあるグリフの数が減るため、フォントのファイルの大きさは小さくて済みます。共有できるグリフの数が少なくなると、ファイルの大きさを減らせる余地も少なくなります。 とはいえ、各国のグリフの形状に対する嗜好性を尊重することは、どの地域でも広く使えるようにするための重要なポイントです。地域間のグリフの差異が小さくも大きくもない場合は、グレーゾーンに入って、統合不統合の判断が難しくなります。「源ノ角ゴシック」は、おもに漢字の製作について、中国のChangzhou SinoTypeと日本のイワタ、韓国語のハングルについては、韓国のSandoll Communicationに制作協力を依頼しました。文字の形の統合の可否については、アドビ のチーフタイプフェイスデザイナーの西塚涼子が、各国の書体デザイナーの意向を汲み取りながら判断を下す必要がありました。各国のデザイナーの間で意見が異なる場合には、議論したり、調停する必要も生じるため、このプロセスは困難を極めるものとなりました。 「源ノ角ゴシック」のデザインは、漢字については小塚ゴシックをベースにしていますが、字面とカウンタースペースの大きさはより小さくなるように抜本的にリデザインされ、仮名は新たに電子書籍などの用途での読みやすさも考慮して、カウンタースペース(文字の中で画線に囲まれた空白の部分)の大きさは控えめに処理し、伝統的なゴシック書体の要素も残しています。他方で、スマートフォンやタブレットのメニュー表示など、短い語句での利用も考慮して、直線的な画線も取り入れながら、保守的になりすぎない工夫も必要となりました。伝統的な本文用の書体と直線的で大柄な新しい見出し用途のゴシック体デザインとの中間にデザイン上の着地点を探る作業となりました。「源ノ角ゴシック」では、少し保守的ではあるけれども過度にならないよう絶妙なバランスを持ったデザインを意図しました。 アドビは、2011年にwebフォントのサービスを展開していたTypekitを買収し、PhotoshopやIllustrator、InDesignなどのアプリケーションソフトウェアを提供する Adobe Creative Cloud のサービス「Adobe Typekit」として緊密に連携し、フォントの利便性を高める改良を重ねてきました。それによって、web文書で指定した書体を表示することを可能にするwebフォントのサービスと、PC上に必要なフォントをダウンロードして使用できるデスクトップフォントの2つのサービスを柱にTypekitは機能するようになりました。はじめ、Typekitは欧文フォントだけに対応していましたが、「源ノ角ゴシック」の書体ファミリーの追加を皮切りに、2015年の6月には、アドビの日本語フォントがTypekitから利用可能となり、同年10月には、モリサワから提供を受けたモリサワおよびタイプバンクの20の日本語フォントがTypekitで利用可能となりました。さらに、2017年の7月には、モリサワからタイプバンクの10フォントがTypekitのフォントライブラリーに追加されました。さらに、同年9月には、日本の書体メーカー4社のフォントがTypekitのライブラリーに追加されました。視覚デザイン研究所、字游工房、大日本印刷、フォントワークスが新たなTypekitの日本語フォント提供パートナーなり、74のフォントが追加されました。これらのTypekitが対応する日本語フォントはすべて、webとデスクトップの両方で利用可能です。 2017年4月に、「源ノ明朝」(Source Han Serif、ただしGoogleはNoto Serif CJKの名称を使用)の書体ファミリーをアドビとGoogleの共同で開発し、オープンソースのフォントとしてリリースしました(ライセンス条件はOpen Font License version 1.1に従います)。「源ノ角ゴシック」に次ぐ、Pan-CJKフォントです。「源ノ角ゴシック」の場合と同様、西塚涼子が書体デザインを担当しました。「源ノ明朝」もPan-CJKフォントとして、東アジアの漢字圏において利用できるだけでなく、異なる地域で用いられるグリフを混植した場合でも一貫した書体デザインが得られます。その点は「源ノ角ゴシック」と「源ノ明朝」に共通する最も重要な特徴の一つです。 しかし、「源ノ明朝」のデザインは「源ノ角ゴシック」よりも難しいものとなりました。明朝体は、きわめて長い漢字の書記と印刷の歴史の中で、東アジアのそれぞれの地域で独自の形態で発展を遂げてきました。そのため、グリフの形の地域間の差異も多様で、しかも書籍の本文用の書体として長く利用されてきたため、地域の人々の文字の形に対するこだわりもより強いものがあります。その結果、「源ノ明朝」においては、各地域間でグリフの形状が共有されるグリフと共有されないグリフの分布は、「源ノ角ゴシック」の場合とは異なったものになりました。しかし、明朝体がPan-CJKフォントとして、東アジアの諸地域で活用できるようになったことは、きわめて意義深いことです。なぜなら、本文用途を中心にしながらも、見出し用まで、ゴシック書体の場合よりも、広い用途で用いられることが予想されるからです。 「源ノ明朝」をデザインするにあたって、西塚涼子は、やはり「源ノ角ゴシック」と同様、保守的な傾向に歩み寄りつつ、同時に画線構成の単純化を意図しましたが、特に仮名のデザインについては、筆で書いた文字の形の在り方を探る試行を繰り返した上で、それを過度に強調するのではなく、控えめに最終的な文字の形態に残すように努めました。そのため、「源ノ明朝」には伝統的な性格と現代的な簡潔さという二つの傾向が共存しています。 「源ノ角ゴシック」と「源ノ明朝」の書体ファミリーは、オープンソースフォントとして提供されます。オープンソースで提供することで、従来、高品位なフォントを利用することが難しかった目的でのフォント利用が加速され、また、これまでに存在しなかった形態でのフォント利用が促進される可能性が生まれます。また、オープンソースのフォントがより高品位なものとなっていくのを助長する効果も予想できます。それによって、フォントの利用領域の拡大、フォント利用の活性化に貢献できることが期待されます。 2017年11月、アドビはTypekitの書体ライブラリーに、西塚涼子のデザインによる新しい見出し用書体「貂明朝」を追加しました。躍動感のある手書きの文字の特徴をそなえつつ、江戸時代の瓦版印刷に見える運筆も取り入れた、新しい見出し用の明朝体です。貂明朝にはアドビのType部門のプリンシパルデザイナー、ロバート・スリムバック(Robert Slimbach)がデザインしたフルセットの欧文グリフが含まれています。また可愛らしい貂の姿を含む絵文字グリフも収録しています。今日では、デジタルフォントの応用分野は多様化し、スマートフォンやタブレットPC、電子書籍などさまざまな表示デバイス上でフォントが利用されています。そのような時代にふさわしい見出し用の日本語書体のあり方を「貂明朝」は示唆しています。 1989年に最初の日本語PostScriptプリンターがリリースされて以来、フォントを実装する技術は、幾度も改良され、変化してきました。しかし、それはフォントの利用環境の変化に対応するだけでなく、高品位な日本語のタイポグラフィを実現するために必要なことでした。世界中の文字体系の文字に一元的にコードを割り振るUnicodeの普及、OpenTypeフォントへの移行、OSに依存しない包括的なグリフ集合、日本語のタイポグラフィが現実に必要とするグリフ集合の開発と保守、高品位な日本語のタイポグラフィを実現できるソフトウェアツールの開発、日本語フォントに対応したTypekitによるwebとデスクトップへのフォントの配信サービスなど、アドビはこれらのすべてに深く関わってきました。そして、それぞれの時期に、新しい書体デザインを日本のタイポグラフィの世界に提供してきました。それらの書体は、技術的な要素と深く結びつき、あるいは、技術的な要素を際立たせるものでした。 アドビと日本語フォントとの関わりは30年におよびます。最初のアドビオリジナルの日本語書体である「小塚明朝」をリリースした時からも、すでに20年近くが経ちます。そのあいだに、DTPはしっかりと普及しました。webやさまざまな表示デバイスの登場によって、フォントの応用領域も大きく広がり、高品位なフォントが利用可能となりました。アドビはそのように常に変化する市場の中で、利用者にとってフォントがより使いやすいものとなるように努めてきました。 他方で、フォントの応用領域の拡大は、新しい課題を我々に与えています。例えば、webやアプリケーション上でのダイナミックに変化する文字情報の取り扱い、表示デバイスや体裁の変化への対応とフォントとの関係、より広範囲の言語を含む多言語組版を可能にするフォントの在り方など、新たなチャレンジが顕在化してきました。 これからも、変化する世界の技術状況に適応すべく開発努力を継続し、そしてアドビ独自の魅力ある書体デザインによって、より多様な選択肢を利用者に提供し、さらに利用者の創造的な制作意欲を刺激し、触発し、そして日本のタイポグラフィの活性化に貢献したいと考えます。 英語版はコチラ

평범한 로고와 탁월한 로고의 차이

Adobe 헬스 잡지 페이지를 넘기다 보면 나이키 로고를 자주 보게 됩니다. 마스터카드 광고판을 올려다 보면 어김없이 두 개의 원이 보입니다. 여러분은 이러한 브랜드를 인식할 수 있습니까? 물론 그럴 것입니다. 브랜드를 한눈에 알아보게 하는 것은 무엇 때문일까요? 첫째, 로고 자체가 브랜드 아이덴티티가 아니라 브랜드 아이덴티티의 일부라는 것을 이해해야 합니다. 브랜드 아이덴티티를 구성하는 모든 요소와 이들 요소가 […]

アドビの日本語フォント開発 30年の歩み 前編 #フォントの日 #Typekit

Adobe アドビが開発したPostScriptページ記述言語の処理系を搭載した、最初の日本語PostScriptプリンターが世に出たのは1989年のことです。そのプリンターに搭載されていた日本語フォントは、OCF(Original Composite Font)と呼ばれる独自の形式のものでした。それは、PostScriptプリンター用の欧文フォントの形式として採用されていたType 1フォントフォーマットを階層的に組み合わせた、複合フォントをベースにしながら独自のファイル構成によって、日本語が必要とする、何千もの漢字を含む文字集合(およびグリフ≒字体あるいは具体的な文字の形の種別の集合)に対応したものでした。それに先立つ1987年に、アドビは株式会社モリサワと日本語フォントのライセンス及びフォント作成技術に関する契約を結んでいました。そのプリンターには、モリサワの書体デザインを実装したOCFフォントが搭載されたのです。 日本語フォントを搭載した各種の日本語PostScriptプリンターやイメージセッターが登場して以降、1990年代に入ると、さらにフォントメーカー各社がさまざまな日本語フォントのリリースをはじめました。Adobe Illustratorや、旧Aldus Page Makerなどのアプリケーションソフトウェアがリリースされたことにも助けられ、日本においてもDTP(DeskTop Publishing)の普及が進みました。また、コンピュータの画面上でType 1とOCFフォントの表示を可能にするAdobe Type Manager(ATM)の日本語版もリリースされました。 しかし、日本におけるDTPの普及浸透を加速する上で解決しなければならない課題がいくつか残っていました。一つ目の課題は、利用できるフォントの数を増やすことで、多様な書体が使えるようにする必要がありました。専用システムとは異なり、自由に異なるメーカー製のフォントを選択して利用できるようにするためには、フォントの市場が形成される必要がありました。幸いにも、先に述べたモリサワを含め、いくつかの重要な日本のフォントメーカーが、DTPの将来における可能性とフォントの市場の形成の必然性を、認識しはじめていました。 二つ目の課題は、フォントが搭載すべきグリフ(≒字体あるいは具体的な文字の形の種別)の集合にありました。当時の日本語フォントに収録されていたグリフには、JIS X 0208が定めた、第一水準と第二水準に対応するグリフ、OSに依存するグリフ、PostScriptプリンターを製造販売するメーカーが必要とする追加のグリフなどが含まれていました。しかし、伝統的な日本の出版業界が必要とする漢字の異体字や記号類は含まれておらず、DTPの普及を本格的な出版をも含めた領域に拡大するには、フォントに含まれる字体や記号を増やし出版業界が必要とするものに合わせる必要がありました。 アドビは、これら二つの課題に対する抜本的な対策として、まず、大規模なグリフの集合を取り扱う日本語フォント用に、CIDフォントという新しい複合フォントの形式を開発し、フォントのファイル構成を簡素化するだけでなく、その仕様を公開しました。これによって、アドビ以外のフォントメーカーが PostScriptプリンターやATMで利用できる日本語PostScriptフォントを開発して販売することが、以前よりも容易になりました。さらに、CIDフォントの普及を図るとともに、アプリケーションソフトウェアの日本語版に組み入れて積極的に利用しました。 もう一つの対策は日本語用のグリフ集合を明示的に定義することでした。従来は外字フォントなどの形で提供せざるをえなかった、いわゆる外字グリフの内、どのグリフを新しいグリフ集合に加えるべきかについて、フォントメーカー各社に意見を求めました。それをもとに、従来のグリフ集合を拡張して、日本の出版や印刷業界で必要とされるグリフをできる限り多くフォントに収録した「Adobe-Japan1-4 文字コレクション」を策定して、その仕様を公開したのです。 それ以後も、アドビはこの日本語用のグリフ集合Adobe-Japan1の保守と拡張を継続して行ってきました。現在、Adobe-Japan1-6文字コレクションが最大規模の日本語用のグリフ集合となっています。この日本語グリフ集合及びそのサブセットに準拠して、さまざまな日本語フォントがフォントメーカー各社によって数多く作られ、特に高品位なフォントを必要とする出版や印刷に関わるグラフィックデザイナーやクリエイティブプロフェッショナルによって今日まで利用されてきました。 また、アドビは、異なるOSに対応するグリフを包含することで、OSに依存しないフォントを実現しました。このことは、アドビが開発した、AcrobatとPDF(Portable Document Format)が電子文書の交換を実現する際に、オリジナルの文書で用いられているフォントをPDFに埋め込まずに、代替フォントを用いる場合にも有効でした。 アドビは1992年に、長年にわたって毎日新聞社で書体デザインに従事し、モリサワにおいても書体デザインを指揮した経験のある小塚昌彦氏を日本語タイプディレクターとするグループを東京に設立し、オリジナルの日本語書体開発に着手しました。日本語書体のデザインのための専用のソフトウェアツールの開発も行いました。また、新しいツールを使って漢字や仮名や記号類などをデザインし、それをチェックし、さらには日本語フォントを組み上げるための作業工程も新たに考案する必要がありました。日本語フォントの大規模なグリフ集合をいかに効率的に作るかが最大の課題でしたが、ストローク(画線)のエレメントを組み合わせる手法と、補間の手法をツールに取り入れることで、漢字のデザインの効率化に成功しただけでなく、作業工程の合理化を図りました。 小塚明朝と小塚ゴシックの見本例(ウェイトはRとM) 1997年に小塚明朝、2001年に小塚ゴシックという2つのアドビ初の日本語書体ファミリーをリリースしました。小塚昌彦氏がデザインした小塚明朝は、比較的大きめにデザインされた文字と、直線的な画線の処理によって、明るい表情が得られ、実用的な文書制作に適した、現代的な明朝体です。小塚ゴシックも、小塚明朝との形態上の一貫性と連関を重視したデザインとなっていて、同様に明るい表情を持つゴシック書体です。 アドビはオリジナルの日本語書体を開発することによって、日本のDTPを率先する役割と立場をより堅固にしました。それだけではありません。前述のように、自らのフォントを保有することで、日本で必要とされるグリフ集合を保守し必要な拡張に対処できる能力をもつことができたのです。 アドビとMicrosoftは2000年にOpenTypeという新しいフォントフォーマットについて合意し、共同で仕様の策定を行いました。アドビは日本語、欧文フォントのOpenTypeへの移行を進めました。これは、各種OSがUnicodeに対応していくのと同時に進行し、国際的な利用環境におけるデジタルフォントの利便性の向上に貢献することができました。 さて、三つ目の課題は、伝統的な日本語組版に対応したアプリケーションソフトウェアがきわめて少数しかなかったことでした。米国製のソフトウェアを日本語対応できるようにローカライズした製品の中には、日本語組版の本質的な要件を良く理解せずに作られたものもあり、複雑な日本語組版に上手く対処することができなかったのです。本格的な書籍の組版や雑誌、広告、商業印刷物の制作に利用できるページレイアウトソフトウェアを、日本のDTPは必要としていました。アドビは2001年にInDesignの日本語版を開発することで、その課題の解決に着手しました。InDesignの日本語組版機能を充実させたことで、日本の出版や印刷の分野でプロフェッショナルによるInDesignの利用が徐々に拡大しました。これによって、DTPの普及を図る上での課題が取り除かれていきました。 InDesignの日本語版には、日本語フォントに付属する標準の仮名文字や欧文を、外部の別のフォントで組み替える合成フォントの機能が搭載されました。日本語文書の70%近くが音節文字の仮名文字であると言われています。仮名文字だけを収録した小さなフォントを既存の漢字を含む日本語フォントと組み合わせることで、組版結果の表情を多様に変化させることが可能になりました。また、欧文の文字のデザインを好みのものに切り替えることもできるようになりました。合成フォント以前にも、アドビは同様の機能をもつツール、ATC(Adobe Type Composer)を開発していました。「鴨野かな」のファミリーはATCの利用を想定して作られたものでした。 このInDesignの合成フォントの機能で利用できる仮名フォントとして、アドビは2003年に「りょうText」、「りょうDisplay」、「りょうゴシック」のファミリーを開発します。これらの書体は、現在アドビの日本語タイポグラフィチームのチーフタイプデザイナーである西塚涼子がデザインしたもので、比較的大きな字面を持つ現代的なデザイン傾向を推し進めた小塚明朝や小塚ゴシックとは対照的に、字面の大きさやデザイン上の特徴もより伝統的で保守的な性格をもつ仮名のグリフとなっています。柔和な表情を持ちながら、スピード感をもあわせ持つデザインです。さらに、これらの仮名フォントに小塚明朝の漢字グリフを付け加えた「りょうText PlusN」、「りょうDisplay PlusN」、「りょうゴシック PlusN」のファミリーを2007年に開発しました。 OpenTypeフォントは、TrueTypeフォントのファイル形式をもとにして、その内に、Type 1形式のグリフ手続きと完全に互換性のあるCFF(Compact Font Format)と、TrueTypeのグリフ手続きとのどちらでも収容することができる形式です。さらに、グリフを他のグリフに置き替えて、異体字の選択、複数のグリフを自動的に合字に変換する、個々の文字の字幅などのメトリクスを標準のものから他のメトリクスに切り替える等々の豊富なタイポグラフィックな機能を提供します。OSやアプリケーションソフトウェアのOpenTypeへの対応は、2000年代の初めのWindows 2000及びWindows XP、MacOS Xに始まり、以後改善を繰り返してきました。これによって、OpenTypeフォントを利用できる環境が整備されていったのです。その後、西塚涼子が藤原定家の書風にもとづいてデザインした、「かづらき」は、日本語の印刷用書体としては極めて珍しく、それぞれの文字が固有の字幅を持ってデザインされた純粋なプロポーショナル書体でした。「かづらき」のデザインは、藤原定家の独特の書風を、印刷やwebページのデザインにも利用できる現代の書体デザインに転化させたもので、大胆な単純化と自由奔放な躍動感のある形状を特徴としています。「かづらき」は、デザイナーの西塚涼子が藤原定家の書風を再解釈するという困難な仕事に取り組んだ価値ある成果と言えるでしょう。「かづらき」は2010年のTDC(Type Directors Club)の入選作の一つに選ばれました。「かづらき」は後に拡張され、「かづらき SP2N」となっています。 かづらきの組見本 固有の文字コードが与えられる一つの文字(符号化文字)が、どのような具体的な形で、表示されたり、印刷されたりするか、つまり、グリフがどのような範囲の形のバリエーションを取り得るかは、漢字については、現在広く用いられている国際符号化文字集合の規格であるISO/ IEC 10646のAnnes Sで規定されています。 一つの符号化文字を表現することのできるグリフが複数ある場合には、どのグリフが用いられても、同じ一つの文字とみなされてしまうため、文字コードだけを用いて、それらのグリフの差異を区別したり指定したりすることはできません。そのようなグリフの差異を区別する必要が生じる場合はさまざまです。例えば、特定の人名や地名、屋号や商号などに用いられるグリフが人々に親しまれて、広く出版や広告などで必要とされたり、あるいは過去の写本や書籍や文書で用いられたグリフを再現する必要のある学術書の出版で必要となったりします。出版の分野では、従来より、同じ文字でありながら、異なるグリフのバリエーショ ンを揃えておく必要がありました。 […]

Adobe@Nullcon 2018

Adobe This year’s Nullcon – an annual Information Security conference held in Goa, India – was the largest yet, with a record number of InfoSec practitioners, Government ministers, C-suite executives, vendors, and students convening to learn, connect and share cutting edge research and technology. Adobe was an associate sponsor again this year, and a number […]

Adobe Creative Cloud accelera la creazione di contenuti nell’era dei video

Adobe Visual artistry, storytelling avvincente, audio straordinario: sono tutti ingredienti di un video eccezionale e di ciò che desideri dedicare al tuo tempo quando produci video. Ma hai bisogno degli strumenti adatti per fare queste cose velocemente, senza sacrificare la precisione e il controllo creativo. In occasione dello show della National Association of Broadcasters (NAB) […]

Dav’s NAB 2018 #1 Show Pick must have..

Adobe As I pack up and head out to NAB 2018 I’m actually looking forward to my 25th NAB show . Each NAB show has our field teams and booth teams busy coping files back and forth between our main booth , field laptops, and our partners who want to share their new tools and […]

Adobe Connect Central does not render properly in IE and Edge Browsers

Adobe Method: Open the home page in Adobe Connect Central on an on-premise server or cluster in either IE or Edge. The complete home page content is not displayed. Compare the rendering of Connect Central in IE, Chrome and Firefox: IE: Environment: Adobe Connect on-premise server or cluster IE or Edge client browser Adobe Connect […]

Premiere Pro CC2018 v12.1 April Release Notes (NAB2018)

Adobe (available for download as I write this) Updates and new features include: New Onboarding welcome screen You can now learn more about Premiere Pro using the tutorials within the app. You can access learn content from two places: New project screen Learn workspace   New: Shot Comparison View You can now split the Program […]

Ten Things You Need to Know—06/04/18

Adobe Adobe Advertising Cloud Creative Explained: Adobe’s Advertising Cloud Creative offering is a genuinely innovative set of tools allowing for dynamic workflows between creatives and marketers to deliver agile, effective campaigns at scale. This short video explains what it does, how it works, and why you’ll want to take a closer look. Instagram Expands Shopping […]

Hinter den Kulissen: Grafikanimationsdesigner Pierre Le Cann

Adobe Pierre Le Cann ist ein erfahrener Grafikanimationskünstler, dessen Arbeiten im Web, auf Musikfestivals und Konzerten zu sehen sind. In diesem Jahr gab es für Pierre eine vollkommen neue Herausforderung – die erstmalige Erstellung einer Vorlage für Grafikanimationen. Wir gaben Pierre den Auftrag zur Erstellung einer speziellen Vorlage passend zu unserem aktuellen Visual Trend “Das […]