Entries by dsharpe

[Tendance visuelle] Comment les Millennials utilisent l’art pour répondre aux incertitudes de notre monde

Adobe Partant du principe que l’art reflète les joies et les inquiétudes de l’époque, nous nous sommes demandés ce que les artistes dits « Millennials » avaient à nous dire. Nous savons qu’ils atteignent l’âge adulte dans un monde d’instabilité politique et d’incertitude économique. À l’instar des générations qui les ont précédés, ils veulent éviter de reproduire […]

How to Protect Your Creative Assets with Adobe Acrobat

{$inline_image} Creative Cloud As we enter National Cyber Security Awareness Month, it’s only fitting that we spend some time thinking about the security of our intellectual property (IP), specifically our creative IP. For most creative professionals, your work product is your livelihood and central to the success of your business. While creative IP conversations typically […]

디지털 마케팅, 머신러닝으로 날개를 달다

Adobe 오늘날 마케터는 넘쳐나는 데이터를 처리하기 위해 많은 노동력을 투입하고 있습니다. EMC에서 발간한 보고서에 따르면 2020년에는 전 세계 디지털 데이터 양이 40제타바이트에 이르러 2005년 대비 300배 더 많아질 것으로 전망하고 있습니다. 데이터의 양은 갈 수록 많아지고 복잡해져 가는데 반해,  처리할 수 있는 양은 극히 일부에 지나지 않습니다. 이마저도 비즈니스 의사 결정 과정에서 적절하게 사용되지 못하는 […]

Contributor Spotlight: MarioAV

Adobe MarioAV is a photographer, videographer and Adobe Stock contributor who has made the jump to pursuing stock full time. We caught up with him to hear about his challenges and triumphs, and how he balances producing both photographs and videos for the stock marketplace. Adobe Stock: Can you tell us a little bit about […]

UXperts Weigh In: Designs We Love, October Edition

Adobe With fall in full swing, now is a great time to expand your design horizons and check out some fresh ideas in web and app design. So we asked UXperts from across the globe to share some of the designs they’re loving, right now. Here are their top UX picks for October. Caroline Williams, […]

「Adobe Kids #DesignJimoto in VIVISTOP -kashiwanoha-」7/28 イベントレポート:夏休みの子ども向けワークショップ、デザインの力で地元の課題を解決!

{$inline_image} Adobe 夏の終わりが近づき、夜な夜な鈴虫の声が聞こえ始め、心の落ち着く季節になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? Creative Cloud Community Mgr.のShioriです。 毎年夏を満喫しようと思っても、あっという間に過ぎてしまい一体何をしたのか思い出せないくらいですが、今年は夏休み特別企画として、問題解決型イベントDesign Jimoto (Design Jimotoとは?)の子供向けワークショップを開催しました。(なんと!これが今年の私の夏の思い出ですw) Adobe Kids Design Jimoto とは? ワークショップ開催の背景:子供のクリエイティビティーに関するリサーチ結果 今回のイベントを企画するに至ったきっかけは、アドビグローバルで行った「子供のクリエイティビティーとラーニングに関する調査結果」でした。(11歳から17歳の学生2500名と彼らを教える先生たち1000名を対象に調査実施) 様々な質問の中にあるシンプルな質問がありました。 「あなたは自分のことをクリエイティブだと思いますか?」 「YES」と答えた子供たちはどのくらいいたと思いますか? その結果がこちら。。。 半数近くが 「YES!」と回答している欧米諸国に比べ、なんと日本ではたった8%の子供達が自分たちのことを「クリエイティブだ」と考えているという結果となってしまいました。もちろんサンプル数や誰を対象に行った調査だったのか、また文化的背景による回答の仕方に違いはあれど、今の日本の現状に危機感を抱くには十分な結果だと考えました。では、私たちに何ができるのか。それを考えた際に、「自由な発想でクリエイティブの成功体験を出来る場の提供」と考え、今回のワークショップの開催に至りました。 今回のパートナーは自ら「Seed accelerator」と呼び、『子供の好奇心の種を見つけて、その成長を加速させる。子供たちから生まれたプロジェクトを実現へつなげる。』(Vivita websiteより引用)と称す、VIVITA START UP CLUB。というわけで、柏の葉 TSUTAYA T-SITE内にある素敵なワークショップスペースVIVISTOP – KASHIWANOHA- にて、クリエイティブワークショップを開催しました。 キッズクリエイター & 美大生クリエイター 今回の参加者は事前に応募をしてくれた小学4年生〜中学3年生までのキッズクリエイターと美大生クリエイターのペアチーム。2組1名でタッグを組み、柏の葉に存在する課題に挑戦しました!誰とタッグを組むのかは、なんと当日発表! キッズクリエイターと美大生クリエイターとのコミュニケーションが大きな鍵となります◎ あくまで今回のワークショップの「主役」はキッズクリエイターということで、美大生はデザイン制作のサポートをするだけでなく、子供のアイディアをどう広げるか、どう発展させるか、集中力をどう継続させるか、そして最重要項目、どう楽しんでもらえるか等々、普段の制作環境+αを必要とするこの大変なミッション。この分野の専門の大人でもチャレンジングな大きな役割を果たしてくれました。 課題の洗い出しとその背景 今回は柏の葉アーバンデザインセンター(以下” UDCK”)にご協力をいただき、事前に様々な現存する課題の洗い出しを行いました。その中で”柏の葉”が目指していること、またその課題が浮き彫りになりました。お待ちかねのお題発表の前にその背景にあったのは・・・。 柏の葉が目指していること 『みんなで協力しあって、社会の問題を解決できる新しいまちをつくろう!』 その中で、UDCKとして 『歩きたくなる街を目指してます!』 と、言うことで「意外と知られていない近隣の公園」を舞台にしたお題に決定! 今回の制作のお題:『じぶんたちが来たくなる公園を考えよう!』 一日の流れ: 今回のクリエイティブワークショップの目的は子供のとびっきりのアイディアを街の活性にどう繋げるかということ。 大人顔負けの実践的な課題解決フローに基づいて課題のブリーフィングから始まり、自分たちのアイディアを一般のお客さんに向けてのピッチする発表会まで行いました。 課題の発表 → フィールドワーク → 制作(制限時間は3時間!) → データ提出 → 一般のお客さんに向けて発表会 → 会場投票 → 表彰式 フィールドワーク […]

UX 디자인 아이디어를 얻을 수 있는 30개 사이트

Adobe 끊임없이 진화하고 있는 사용자 경험의 세계에서 뒤쳐지지 않으려면 업계에서 부상하고 있는 최신 아이디어와 트렌드에 항상 관심을 가지는 것이 중요합니다. 그러나 방대한 정보가 넘쳐나는 요즘, 실질적으로 도움이 되는 자료를 찾기가 어려울 수 있습니다. 이미 많은 사람들이 크리에이티브 클라우드(Creative Cloud) 블로그를 알고 있고 이 블로그를 통해 다양한 정보를 얻을 수 있지만 이외에 더 많은 리소스가 제공되는 […]

Looking to Fill Your MAX Schedule? Check out These Great Sessions!

Adobe Last year at MAX, our 11,000 attendees booked a total of 79,000 breakout sessions! The average MAX attendee books 9-10 sessions during their time at MAX. Whether you’re looking for inspiration to feed your creative spark, or the skills you need to stay competitive in your field, we’ve got you covered. Here are some […]

Moving Stories: So wecken Kreative die Aufmerksamkeit mit Kurzfilmen

Adobe Es sind nur wenige Minuten, wenn nicht sogar Sekunden, die man hat, um die Aufmerksamkeit der Zuschauer mit einer guten Geschichte zu gewinnen. Wie geht das vonstatten? Bei der Erstellung von Kurzfilmen geht es vor allem darum, die Stimmung des Augenblicks zu erfassen und einen bleibenden Eindruck zu hinterlassen. Um mehr darüber zu erfahren, […]