Entries by dsharpe

Strengthening Ties with Developers

{$inline_image} Marketing Cloud A vital and vigorous online community is an essential part of the way Microsoft interacts with developers and IT professionals. But with only 800 technical authors, it was tough for Microsoft to respond to more than 90 million readers who use Microsoft portals for resources, discussions, and support. Recognizing that an engaged […]

O2O時代のデータ分析とデジタルマーケティング

Adobe O2O(オンライン オフライン)のデータ活用 何年か前までは比較的見慣れないマーケティング用語であったO2Oは、今では様々な分野のサービスに利用され、非常に一般的になってきました。 地域別に分類できるO2Oは、分野を問わずに顧客データを活用でき、非常に有益です。 以前は、多くの注文とそれに見合った在庫管理が可能な大企業だけが一定量以上のデータを取得し、活用することができました。規模が小さい企業は、データの蓄積自体をほとんど行っていないか、そのような必要性自体を感じていませんでした。 データパーソナライゼーションの時代 デジタル技術の発展とO2Oの拡張により、注文の多い地域や特定の商品がよく売れている地域をリアルタイムに把握できるようになりました。 O2Oの特性上、オフラインにおける最終的な消費パターンを集計できます。そのため、O2Oアプリで行われた検索、選択、フィードバックに関するデータを収集して分析するだけで、より詳細なパーソナライゼーションを行うことができます。 オンラインとオフラインのデータを組み合わせることで、顧客が実際に決済するのか、あるいはその顧客がいつどこで注文しているのかが、よりわかりやすくなりました。 また、O2O企業が利用する決済サービスにより、顧客の一般的な傾向と潜在的な消費傾向を把握して、限られたサービスリソースをより効率的に分配し、配置することができるようになりました。 小規模のO2O企業にとっても重要になったデータ 以前は、オンラインとオフラインの顧客データは、オンラインはオンラインのまま、オフラインはオフラインのままでした。企業の規模が大きいほど、顧客の傾向の把握に関して有意義な分析を行うことができました。 しかし、現在ではO2Oを介して流れるデータは、企業の規模が小さくても、意味のあるデータにもとづく意思決定を行い、商品やサービスの在庫と流れを即座に調節する上で重要な鍵となっています。 日常生活に密接に関連しているO2O企業として最も一般的な食料品配送サービスでは、特定の食品の注文が多い地域と時間帯を把握できます。規模が小さい店でも、需要に見合った供給量を予測して、食材を効率的に手配することや、注文量を見積もり、それに応じて生産と配送の体制を整えることができます。 情報型サービスのO2O企業として代表的な宿泊業者や不動産業者の場合も同じです。対象地域の顧客がどのようなスタイルの住居を好んで選択するかはもちろん、消費の規模と時期に応じて商品の選択を集計することができます。 宿泊業者は、以前よりもさらに正確にオンシーズンとオフシーズンを分けて把握することで、サービスを再分類できます。不動産業者は、実需要と物件をより効率的に結び付けることができます。 ビッグデータの効率を高めるO2O このように、O2Oによって集計されたデータは、企業の規模に関係なく有用な顧客データとして活用でき、予算の編成と市場規模の予測に関連する費用を大幅に削減できます。 そうしたデータを分析し、活用することができるデジタルマーケティングソリューションもまた、O2Oが登場する以前よりも、さらに価値のあるコアエンジンとして重要な位置を占めるようになりました。 規模に関係なく、ビジネスソリューションを提示するデータ駆動型のデジタルマーケティングに再注目する時が来ています。

Z세대의 두 얼굴(욜로족과 코스파족)을 정확하게 이해하는 법

Adobe 마케터에게 고객을 정확히 이해하는 것만큼 중요하고 핵심적인 일은 없을 것입니다. 특히 다양한 라이프스타일이 혼재되어 있는 오늘날에는 단순히 지역, 연령, 성별 등 인구통계학적 구분으로 고객을 구분하기보다 타겟으로 삼은 고객이 어떤 라이프스타일을 가지고 있는지 파악하는 것이 더욱 중요해졌습니다. 이전에 소개한 밀레니엄 세대를 위한 마케팅에서 영향력 있는 소비 주체로 부각되고 있는 밀레니엄 세대(Millennial generation)에 대해 알아보았다면, 오늘은 […]

O2Oによりカスタマーエクスペリエンスはどのように変わるか

Adobe eコマースの普及 インターネットが普及し、インターネットを活用する商取引が登場するようになりました。現在、小規模なオンラインショップから大規模なオンラインショッピングモールまで、その形態は多様です。 消費者は直接価格を比較して、手頃な価格で購入したり、国境を越えてオンラインで取引したりしています。 しかし、これはオフラインの商品をオンラインで比較して購入するという形態でした。オフラインの売り場や知人が持っている現物を見て、購入することを決め、その後にオンラインで価格を比較して、最終的に購入する姿がよく見られました。 一方、完全にオンラインに移行することが難しい商品やサービスについては、反対に購入することをまずオンラインで決心し、最終的な消費がオフラインで行われる形態が登場し始めました。特にこのような形態は、一方通行の市場ではなく、継続的に循環する、より融合的な構造に発展しました。 O2Oトレンドの登場 こうしたトレンドをO2O(Online to Offline)といいます。用語の解説だけを見ると、オンラインで商品を選択して決済し、すぐに商品またはサービスを受けるという、以前からある電子商取引のように感じるかもしれません。 O2Oのトレンドは、スマートフォンやアプリというモバイル時代の商取引の特徴と見事に結び付いています。消費者は、いつでもどこでも手の中にある小さいデバイスを使うだけなので、webページ上の膨大な情報を自ら取捨選択する必要はありません。 既に最適化された結果を返すアプリを選んでインストールすればよいのです。 そして、そのアプリでは、商品の検索、サービスの比較、注文だけでなく、より手軽なオールインワン方式により決済まで行うことができます。 商品やサービスに対するフィードバックもやはり、モバイルアプリを使って行うことができます。そのフィードバックは、サービスとクライアントの一対一の関係を越えて、市場に対する評価と変化につながる可能性を持っています。 牽引するモバイルとメッセンジャープラットフォーム 最近では消費者がスマートフォンにアプリをインストールする以外にも、一般的なメッセンジャーをプラットフォームとする様々なO2O商品やサービスが登場しています。 決済手段もまた、メッセンジャープラットフォームで提供されるので、消費者はO2Oトレンドを違和感なく受け入れています。決済の簡単さ、そして使い慣れたプラットフォームにより、ユーザーがサービスを利用しやすくなっています。 現在では、こうしたO2Oがエクスペリエンスを明らかに変えています。特に、オンラインやモバイルとはまったく関係なく思われた様々なサービスがオンラインと結び付き、より気軽に簡単に利用できるようになりました。 例を挙げてみましょう。Aさんは忘年会を終えて家に帰るところです。何年か前までは、寒さに震えながら長時間待たされた挙句、やっと運良くタクシーに乗ることができました。 タクシーとO2O 今ではAさんはモバイルアプリを起動して、自分の現在位置に最も近い何台かのタクシーの情報を入手します。次に、現在位置と目的地を入力して、自分の情報をタクシーの運転手に渡します。そのようにして、メッセンジャープラットフォームとモバイルアプリを通じてAさんは運転手と場所などを決め、迎えに来てもらいます。 タクシーはまた、Aさんを乗せる時間の予告からAさんの目的地まで、地図アプリケーションを使って詳しい経路を提示し、お互いの信頼関係を築いていきます。近くにいるタクシーがAさんを行き過ぎたり乗せなかったりしても、慌てたりがっかりする必要はありません。 もう少し遠くにいるタクシーが、やはりAさんの状況と自身が提供できるサービスをマッチさせて駆け付けて来るからです。 タクシー代の支払いまで、もちろんアプリやメッセンジャー自体で行うので、決済手段を巡って発生し得るトラブルを未然に防ぐことができます。 以前は、タクシーを利用した後のレビューもまた、それが良かれ悪かれそのタクシーに対する第三者の評価として影響することはありませんでした。 しかし、現在ではAさんが残したレビューが、やはり同じアプリを使う他の顧客に大きな影響を及ぼします。 エクスペリエンスの進化を先導するO2O 公共交通手段が市場のメカニズムとエクスペリエンスを同時に変化させるといった動きはO2Oの代表的な事例です。現在も数多くのサービスがオンラインと結び付いて、エクスペリエンスを向上させています。 O2Oがこのようにエクスペリエンスを向上させている一方で、サービスを提供する企業の立場ではどのような変化が起きているのでしょうか? 「O2O時代のデータ分析とデジタルマーケティング」に続きます。

Make It Impactful: Optimizing Images with Lightroom

Creative Cloud Here’s how to enter the Make It Impactful Contest: You’ll need Adobe Photoshop Lightroom CC—get it here (a free trial is available). You may also enter this contest with images adjusted in Adobe Photoshop Lightroom for mobile. Choose your almost perfect photograph. Please use only photographs that you have taken yourself and that […]

Adobe Launches Adobe Advertising Cloud TV for Personalized TV Advertising

Marketing Cloud Native integration with Adobe Analytics Cloud enables audience-based linear TV planning and buying with first-party data. For the better half of a century, both advertisers and broadcasters alike enjoyed the security of knowing that TV was the unquestioned champion of media, the most effective and reliable way to deliver a message to millions. […]

#MunchContest: Kreiert eure eigene Version von Edvard Munchs berühmten Gemälde „Der Schrei“

Adobe Im Rahmen von #HiddenTreasures haben wir die weltweit erste digitalisierte Sammlung der Originalpinsel von Edvard Munch veröffentlicht. Die 100 Jahre alten Pinsel stehen euch somit ab sofort kostenlos als Photoshop Brushes zur Verfügung. Damit könnt ihr die Werkzeuge eines der größten Künstler unserer Zeit verwenden. Gleichzeitig haben wir auch unseren #MunchContest gestartet. Vom 15. […]

Shooting Stock on Vacation

Creative Cloud With the summer holidays (or winter, depending on where you are) just around the corner, many people are starting to make their vacation plans. If you are planning on traveling during your time off, there’s no better time to shoot for stock! Since you’re on holiday, you will be photographing your experiences anyway, […]

The Rise of Artificial Intelligence: How AI Will Affect UX Design

Creative Cloud Artificial intelligence is no longer confined to the domain of developers and data scientists, says Josh Clark, founder of Big Medium, author of several design books, and the inventor of the Couch 2 5k program. With an unprecedented amount of data being collected and algorithms driving many of our interactions, Clark says the […]

One Size Fits All, Not Always a Fit

Marketing Cloud With the influx of ways that consumers are viewing content and interacting with technology, marketers are in a unique place that provides both ample opportunity and challenge: an abundance of ways to reach the right audience. It’s clear that personalized advertising is more effective for a campaign, and while marketers are no longer […]