Entries by dsharpe

Lean startup : Re-design or Business die

Adobe Penses-tu, designer, marketeur, manager, pouvoir sortir un produit et réussir du « premier coup » à transformer l’essai ? Tous les produits ou services numériques qui ont réussi à trouver un public ont un point commun : les utilisateurs les ont adoptés après de nombreuses itérations et expérimentations. C’est la prophétie du lean startup : re-design ton produit ou […]

Animare un’immagine su Twitter o Facebook con Adobe Spark

Adobe Distinguersi nell’affollato universo di Twitter o Facebook può essere un’impresa non da poco. L’aggiunta di un’immagine attrae potenzialmente l’attenzione, figuriamoci di un’immagine animata. Un’operazione, questa, che fino a oggi è sempre stata piuttosto complicata! Ma ora c’è un aiuto in più scopri Adobe Spark Post. Dove trovare Adobe Spark Post Sin dal suo lancio, […]

Four Ways That Location-Based Marketing Will Help Your Mobile Strategy

Marketing Cloud It’s no secret that the vast majority of consumers are carrying mobile devices in some form. It’s also not a stretch to recognize that marketers have long clued-in to this fact, having adopted both aggressive and sometimes subtle mobile-marketing strategies to capitalize on this emerging cornucopia of opportunity. However, there’s still one fundamental […]

A Beginner’s Guide to Social Media Advertising

Marketing Cloud Getting the most from your marketing dollar isn’t as straightforward as it has been in the past. Social media has changed dramatically over the past few years, and marketers have had to quickly learn the art of using social advertising as part of an effective digital strategy. Why have social platforms evolved? Simple […]

Nordic Creative Talent Award winners: Beatrice is gonna kick your butt

Adobe Graphic design student Beatrice Borgström from Finland won one of Adobe’s acknowledged Nordic Creative Talent Awards last year. Read the jury’s motivation for selecting Beatrice Borgström: ”Already equipped with a personal visual language and the knowledge of how to put it to work in different formats without losing her originality. One of her works is […]

Unicode Version 9.0

Adobe For those who missed the memo, Unicode Version 9.0 was released on June 21, 2016, which added exactly 7,500 characters to the standard. Unicode now includes a total 128,172 characters, which is just shy of 3,000 characters under two full 256×256 planes. While Version 9.0 does not add any new CJK Unified Ideographs, I […]

MAKE IT. EVERYWHERE : 크리에이티브 컨퍼런스를 가다

Adobe 2016년 7월 6일 MAKE IT. EVERYWHERE 컨퍼런스가 그랜드 인터컨티넨탈 서울 파르나스에서 열렸습니다. 올해 행사는 예년과는 다른 한 가지 눈에 띄는 변화가 있었습니다. 크리에이티브 클라우드의 최신 기술 혁신을 소개하는 것 뿐 아니라 여러 분야의 국내 크리에이티브 리더들이  크리에이티브 업계의 도전과 변화를 테마로 다양한 인사이트를 제공,  크리에이티브 업계 종사자들의 고민을 함께 나누고 영감을 나눌 수 있는 […]

The Art & Science of Making Emoji

Adobe Emojis: they’re the characters that fill our text, tweets, and emails. But, as Adobe’s Paul D. Hunt explains, emoji don’t just happen. A Typeface Designer & Font Developer at Adobe, Paul designs and develops typeface families and fonts for the organization’s products and platforms. In addition to this work, Paul sits on Unicode’s Emoji […]

After Effects CC 2015.3 In-Depth: Queue in Adobe Media Encoder

Adobe Earlier this summer, we released After Effects CC 2015.3 (13.8), which features a variety of performance and workflow enhancements. In this article, we’re sharing more detail about how the new Queue in AME button in the Render Queue panel works. Please, if you want to ask questions about these new and changed features, come […]

Inspiration on Behance | 日本のクリエイター名鑑 Vol.4 グラフィックデザイナー:Asuka Watanabe

Adobe 世界最大級のオンライン・ポートフォリオ・サービス、「behance」。グラフィック、イラスト、3DCGなど、さまざまなジャンルのクリエイターが登録し、自身の作品をプレゼンテーション中。クリエイターもクライアントもワールドワイドなだけに、海外からのオファーがあることも。この連載では、日本で「behance」を活用しているクリエイターをご紹介していきます! 本日登場していただくのは、東京在住のイラストレーター/ デザイナーの渡辺明日香さん。(https://www.behance.net/asukawatanabe) 渡辺さんは多摩美術大学卒業後、広告制作会社やデザイン会社、アメリカ滞在を経て、現在フリーランスとして活躍中。自らイラストレーションも手掛けるグラフィックデザイナーとして、池袋パルコのキャンペーン「GARAGARA Summer Festival」などのグラフィックデザインや、アメリカの雑誌「Fast Company」のイラストレーション、そしてグラフィカルなお菓子ユニット「おかしい屋」としても活動しています。手描きのチョークアートをフィーチャーした展覧会など、オンスクリーン/オフスクリーン問わず表現の場を広げる渡辺さんにお話を聞いてみました。 DOCOMO D-Magazine –behanceを使い出したきっかけは? Watanabe: Adobe Creative Cloudを使用していることもあり以前から知っていましたが、しばらく登録はしていませんでした。でもPinterestなどでアートワークの制作者の情報を知りたい時に、Behanceにたどり着くことが多かったので、登録する前からよく覗いていたんです。最初は気になるアーティストの情報を保存するために、登録だけしようと思っていたんですが、せっかく登録したのなら自分の過去の作品なども載せようかなと思い、やってみました。 —渡辺さんの作品の魅力は書き込まれたイラストレーションとデザインの融合だと思いますが、デザインを始めたきっかけは? Watanabe:色々ありますが、保育園に通っていた時に、「ツタンカーメンのエンドウ豆(古代えんどう豆)」をクレヨンで描くという時間があったんです。そのエンドウの色がなんとも絶妙で、ほとんどの場合、黒のクレヨン一色で描く人が多いのですが、私は黒と紫を使って描きました。それを保母さんに大絶賛していただき、とても嬉しくて調子に乗った記憶があります。笑 そういった幼少期の小さな経験の積み重ねで表現する人になりたいなーと思って行ったんだと思います。 —思い入れのあるプロジェクトは? Watanabe:今年の3月に行った、「soto no atelier」という企画(https://www.behance.net/gallery/34842703/Drawing-for-Milok)。 Behanceにもピックアップいただき、反響が大きかったです。外壁にチョークで絵を描くということもあり、海外のいろいろな方に雨で消えてしまわないのか心配いただいたりしておもしろかったです。笑 実際に雨に打たれた後でも、割と残っていました。 描いてから雨に打たれた直後 フォトショップで描いた展示のコンセプトイメージ –behance経由でこんなところと繋がった!仕事が来た!なんてことはありますか? watanabe: USのビジネス系雑誌「Fast Company Magazine」のOctober/2015に掲載するUnhappy at work?という記事のイラストの依頼はBehanceがきっかけでした。(https://www.behance.net/gallery/29974831/Unhappy-at-work) Behanceに掲載していた、「HamOn」(https://www.behance.net/gallery/25182119/HamOn)というイベントのフライヤーのグラフィックを気に入っていただけて、こう言ったビジュアルのイラストで、という発注でした。 HamOn –behanceを使う上で心がけていることはありますか? Watanabe: 自分以外の他の方の作品も幅広く見ることを、続けることだと思います。良いものがあればAppreciateを押したりメッセージを送って交流するなど、使い続けることが大切かな~と。 –behanceで良く見ているクリエイターがいたら教えてください。 Watanabe: たくさんいるのですが特に次の方々の新作を楽しみにしています。 whooli chen https://www.behance.net/whoolichen Alice Wellinger https://www.behance.net/aliceWellinger Borja González https://www.behance.net/borjagonzalez Pasha Bumazhniy https://www.behance.net/gogozombie イラストや絵で、あまりトレンドに左右されないようなものが好きだったりします。 今後は、秋にドイツで展示をする予定という渡辺さん。今後の活躍も楽しみです! 渡辺明日香(わたなべあすか) photo by […]