Entries by dsharpe

L’aggiornamento di Adobe Sign offre nuove funzionalità per il settore Life Science e farmaceutico, maggiore flessibilità e nuove partnership

Adobe Adobe Sign è una delle soluzioni di firma elettronica e di processo in più rapida crescita al mondo, progettata per aiutare le organizzazioni ad accelerare il business e ad inserirsi in applicazioni e soluzioni per la customer experience di terze parti di livello mondiale. Adobe ha ulteriormente potenziato questa soluzione introducendo nuove funzionalità specifiche […]

The Experience Economy Comes of Age

Adobe 1998 was a vintage year. The Spice Girls topped the charts, France hosted and won an incredible World Cup, and Bill Clinton issued one of the most famous denials in history. In July of that year, marketing history was made too, when Joseph Pine II and James H. Gilmore published an article in the […]

Bürger erwarten bessere Online-Services von Behörden

Adobe Im EU-Vergleich hinkt der deutsche Staat in Sachen Digitalisierung immer noch hinterher. „Was die Verwaltung anbelangt, sind wir mehr als offline“, kritisiert Reiner Holznagel, Präsident des Bundes der Steuerzahler, und fordert einen raschen Ausbau von Digital Government. „Die Steuererklärung und die Bearbeitung dauern viel zu lange“, klagt er. So sei häufig immer noch ein […]

おススメのコントリビューター:Gavin Heffernan #AdobeStock

Adobe Adobe Stockには、世界中のクリエイターから作品が投稿されていますが、このブログでは中でもおススメのコントリビュータ(作品投稿者)をご紹介いたします。 Gavin Heffernanの本職は、ハリウッドのブロックバスター映画に携わるフィルムメーカー兼脚本家ですが、Adobe Stockのコントリビューターとして、タイムラプスの動画づくりにも力を入れています。その見事なクリップの数々は、Earth、Bravo、Time、National Geographic、CBS Newsを始めとするメディアで取り上げられたほか、2014年には、毎年恒例のボレゴスプリングス(アンザ・ボレゴ砂漠州立公園内の町)のタウンフェスティバルが彼のタイムラプス動画に因んで名付けられ、サンディエゴ郡では彼の名を冠した日まで作られました。ここでは、タイムラプス動画に対する思い入れや、昼間の仕事とストック制作の趣味とのバランスの取り方についてGavinに語っていただきます。 ADOBE STOCK(以下AS):あなたの経歴や映画業界に進んだいきさつを含め、自己紹介をお願いします。 Gavin : 子供の頃から映画が大好きで、モントリオールのマギル大学在学中には、低予算のインディー作品を2本書き上げ、監督も手掛けました。その後、アメリカン・フィルム・インスティテュート(AFI)で監督業について学ぶため、ロサンゼルスに移りました。最近は、『テイキング・オブ・デボラ・ローガン』や『パラノーマル・アクティビティ/ゴースト・ディメンション』など、ホラー映画の脚本家としての仕事が多いですね。でも、もっと大きなプロジェクトが今、続々と進行中なので、ぜひ楽しみにしていてください! Gavin Heffernan / Adobe Stock AS :  ストックポートフォリオを作るきっかけは何だったのですか?ストック作品はフィルムメーカーとしての仕事にプラスに働いていますか?  Gavin : 数年の間、実験的なことをしたり、スキルを広げるため、たくさんのタイムラプスを撮っていました。撮りためた動画がだいぶ増え、他のプロジェクトを制作するための経済的な自由を手に入れたかったこともあり、新たな収入につなげるつもりでポートフォリオを作りました。今ではこの副収入のおかげで、売り込み用の脚本執筆や、興行収入を意識しなくてもよい自由な創作活動にもっと取り組めるようになりました。それに、TV番組やコマーシャルの中で突然自分が作成したクリップが現われると嬉しいですね。 AS : タイムラプスを始めた経緯を教えてください。なぜあなたの作品はとても人気があり、売れているのだと思いますか? Gavin : 通常は人の目に見えない星や星雲を映し出す長時間露光の写真に、すぐに虜になったんです。3時間の空の動きを捉えた15秒間のタイムラプスは、実際に夜が経過していく様子をワクワクする形で見せてくれます。この魅力に引き込まれ、ついにはSky Glow Projectにつながりました。これは、北米に残されているすばらしい夜空と、壊れやすい環境で増加しつつある光害の影響を探ろうというもので、見ごたえのあるタイムラプスの本とビデオのセットです。AFIの頃からの映画制作仲間、Harun Mehmedinovicと共同で制作しました。 Gavin Heffernan / Adobe Stock AS : 美しいだけでなく独自性のあるタイムラプスを作成するためのヒントをご紹介いただけますか? Gavin : 夜空に関しては、ユニークでワクワクするような前景を見つけることがとても重要です。たとえば彫像や面白い建築物など、地上のものとのつながりで表現すると、頭上の星の軌跡がより神秘的な雰囲気になります。撮影されたことがないような場所やアングルをとことん探してみてください。そして、そのショットの中で、時間の経過がどのような「ストーリー」を作れるのか考えてみることです。 Gavin Heffernan / Adobe Stock AS : 映画の現場での仕事と、タイムラプスや他のストックビデオの制作との共通点、相違点は何ですか? Gavin :  タイムラプスや実験的な作品を撮る際の良い点のひとつは、駆け引きも、全体的なクリエイティブ上の妥協も少ないことですね。大作での仕事は、大金が絡んでいたり、考慮しなければならない意見が山ほどあったりする大規模な作業ですが、一人で何かを撮影するのは、絵を描くようなものです。それぞれに利点と欠点がありますが、大きな組織でクリエイティブ上の決定をすべて正当化する必要のない実験的な撮影は、あれこれ探求したり、創作してみたりするには良い手段だと思います。 AS : Adobe […]

포토샵 사용자의 어도비 XD 입문에 필요한 모든 것

Adobe 포토샵 사용자이면서 어도비 XD를 사용해 보지 못한 분들이 반길만한 소식이 있습니다. 어도비 XD는 포토샵 디자인을 연결하여 인터랙티브한 앱과 웹의 프로토타입으로 변형시킬 수 있는 탁월한 기능은 물론 직관적인 디자인 기능까지 지원하므로 사용자가 포토샵과 어도비 XD를 오가며 디자인을 공유하고 피드백을 얻을 수 있는 심플하면서도 효과적인 워크플로우를 제공합니다. 어도비의 크리에이티브 클라우드 수석 이밴절리스트 폴 트라니(Paul Trani)의 도움으로, […]

Der #AdobeStockNacht-Livestream am 25. April 2018

Adobe Ein spannender Abend voller Inspiration und Information: Im Livestream der #AdobeStockNacht am 25. April 2018 präsentiert euch unser starkes Line-up aus Top-Fotografen, Illustratoren und Videoproduzenten, wie Adobe Stock kreative Workflows mit Stockmedien völlig neu definiert. #AdobeStockNacht Livestream Wann: 25. April 2018 von 19 – 22 Uhr Wo: Auf YouTube oder direkt hier im Blog […]

Leveraging VR for a Cutting-Edge Online Experience

Adobe Last December I tried to buy a new sofa. I say tried, because as I write this in April, I am no closer to settling into my new couch than I was all those months ago. I did tons of  research, trawling through several websites and hundreds of products to whittle down a shortlist. […]

Seis consejos para triunfar con retratos de estudio de éxito

Adobe El amor de Anastasia Kazakova por la fotografía nació cuando cayó en sus manos su primera cámara profesional. “Me enamoré del modo en que se veían los diferentes objetos a través de ella”, recuerda. Desde que tuvo su primera cámara, la pasión y el arte de Anastasia no han dejado de crecer. Actualmente, triunfa […]

UXデザインの普遍的な原理 Part 1: 視覚的な文法(UXデザイン入門シリーズ)| アドビUX道場 #UXDojo

Adobe 常に変化を続ける業界で働くデザイナーにとって、仕事の土台となる、時代を超えて通用するデザイン原理を理解することは重要です。この『UXデザインの普遍的な原理』シリーズの第1部では、いくつかの普遍的なUXの原理を成り立たせている基盤について考察します。 時代の波に流されることのない、デザインの核心に存在する原理には、次の項目があります。 視覚的な文法 言葉とタイポグラフィ ストーリーのあるデザイン 総合的にこれらの原理が組み合わさって、優れた体験を編み出すしっかりとした基盤が形成されます。もちろん、心理学、人類学、経済学といったほかの原理の理解を更に重ねることができます。その上でデザイン作業が行われるのですが、作り出される体験を支えているのはコアにあるこれらの原理です。 新しい技術が発想され、発明されて、かつて解決したことのないデザインの問題を解決することが、ますます求められるようになっています。それでも、ありがたいことに、過去の普遍的な原理は現在でも通用しています。これらの基本原理を身につければ、時の試練に耐え、デザイナーとして際立てるスキルを獲得できるでしょう。 ランス・ワイマンの象徴的な1968年メキシコシティーオリンピックのロゴ (左) のようなアナログデザインであれ、様々な場所で目にするアップルiOSのActivityブランド (右) のようなデジタルデザインであれ、デザインの基本原則は、時代に左右されず一貫している。 もちろん、UXデザインの普遍的な原理は、範囲が広く複雑で、記事数本だけで完全に説明するのは困難でしょう。でも落ち着いてください。各記事の後半に、いくつかの事例とヒントやテクニックを記載しています。この3本のシリーズは正しい方向を知るための短い入門書として使うとよいでしょう。 では、『UXデザインの普遍的な原理』の第1部: 視覚的な文法、を始めることにしましょう。 視覚的な文法 効果的にデザインするには、ビジュアルコミュニケーションの基盤である視覚的な文法を理解することが重要です。グラフィックデザインの歴史にルーツを持つこの原理は、今日でも有効なデザインの基本要素で、私たちがつくる体験の中心に存在しています。 ところで、「視覚的な文法」とは一体なんでしょう?簡単に言うなら、私たちが視覚的に作成するものすべてです。ユーザーインターフェイス (UI) の要素であろうと、ずっと複雑な要素の組み合わせであろうと、点と線と平面という3つの基本要素の連なりで構成されています。こうした要素を組み合わせることで、アイコン、コンポーネント、イラスト、図表、そしてパターンなど、あらゆるものを作成できます。 デザイナーは、端的にいうと、点と線と平面という基本的な要素の「文法」を使って作業をしているのです。こうした要素は、広く影響を与えたバウハウスで、20世紀はじめに定義されたものです。今日でもデザインの中心にあるものですが、綿密に教えられることはほとんどありません。 点は空間の位置を示す。2つの点を繋げると、線ができる。連続する複数の点を繋げて塗ると平面ができる。これらがビジュアルデザインの基本要素。根本的なレベルでどのようにこれらが作用するのかを学ぶことは、デザイナーとしてのスキルを向上させる。 UXは比較的年月の浅い分野ではありますが、グラフィックデザインの世界から豊かな財産を引き継いでおり、そこから学ぶことが可能です。これからの解説を読めば、どんなデザインも、解体すれば、点と線と平面から作成されていることを理解できるでしょう。 ベルファスト美術学校では、3年間にわたるプログラムの最初の6週間で視覚的な文法の語彙を徹底して習得します。そこでは、映画『ベスト・キッド』のミヤギのように、原理の理解を深めることが重視されます。「習うより慣れろ」、もしくはミヤギが繰り返し強調した「とにかく手を繰り返し動かせ」といったところでしょうか。 まず点、次に線、そして平面というように、一度に1つの要素に集中できるように学生を仕向けることで、基盤となる視覚的な文法の理解を習得させています。これは、バウハウス、ウルム、およびバーゼルという世界を代表するデザイン学校まで遡る、十分に試された学習方法です。 時間と忍耐力が必要となる行為ですが、デザイナーとして向上したければ、時間をとって、点、線、平面だけを使った一連の演習を実施するべきです。そうすることで、視覚的な文法のより深い理解が身につくでしょう。ロチェスター工科大学では、最初の一歩にぴったりのすばらしい短期コースが提供されています。 これら1つずつの要素を使って達成できることを理解したら、次は、これらを組み合わせる考え方へと学生たちを導いています。この時までに、制約の中でデザインすることの重要性と、そこに存在する機会の素晴らしさに気づいている様子を目にすることができます。 シンプルさと制約に集中しながら、インターフェイスから不要な要素を削り落とすやり方を学べば、認知的負荷を軽減し、満足度の高いユーザーを増やすことへとつながります。これは、誰にとっても有益です。無駄のない基本となるコンポーネントを定義して組み合わせれば、それぞれのプロジェクトに使える、視覚的な語彙の基盤となります。 点、線、および平面はデザインの基礎である。これらの要素を組み合わせることで、多様なコンポーネントを作成できる。1. 点のみを使用してデータをプロットしたチャート。2. 点と線を組み合わせたスライダー。3. 平面で構成されたフォームフィールド。4. 要素を組み合わせたときに可能になる表現。 こうした基盤が数百年もの間グラフィックデザインを支え、今日のUXの視覚的なレイヤーの屋台骨を形成しています。しかし、この本質的な要素を習得するために十分な時間を費やした人は多くありません。 ミヤギが言うように、練習の繰り返しはやがて力になります。点と線と平面を組み合わせて、そこに色を加えれば、どんなUIコンポーネントでも必要に応じてつくれることに気づくでしょう。 経験の豊富なデザイナーは、最低限の手段を講じて快適なユーザー体験を生み出すことができます。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが次のように述べています。「完璧がついに達成されるのは、何も加えるものがなくなった時ではなく、何も削るものがなくなった時である」 視覚的な文法の事例 視覚的な文法を習得すると、シンプルさの本質とも言えるこの基盤が、ユーザーインターフェイスのコンポーネントから、全体的な体験のデザインまで、デザイナーとしてのすべての仕事を支えていることが明確にわかります。訓練された目は、複雑なインターフェイスを解体し、どのように組み立てられているのかを見抜き、それから学ぶことができます。 Webでもネイティブアプリでも、ミニマルで無駄のない視覚的な文法を使用して構築された、豊かでで取り込まれるような体験の例は数多くあります。それらを少し解体するだけで、複雑なインターフェイスを、点と線と平面という基本要素を使って作成する方法が見えてきます。 ジョシュ・ワースの「If the Moon Were Only 1 Pixel」という作品 (左) は、最低限の視覚的な文法を使って、簡潔で美しいアイデアが創作できることを実証した傑作。同様に、LunarのOnetime (右) には限定された視覚的な文法が使用されている。 ジョシュ・ワースの美しいWebサイト「If the Moon Were […]