Entries by dsharpe

デザイン思考とAdobe XDの開発 : イノベーションへの手引き書

Adobe この記事はDesign Thinking: A Manual for Innovation(著者:Demian Borba)の抄訳です 画期的な製品や体験やサービスをつくる方程式が存在するとしたら?地道な改良の積み重ねの話ではなく、それまでの常識を変えてしまうような革新を、一気に実現する方法です。Adobe Experience Design (Adobe XD) の製品マネージャーの一人として、日々の仕事や生活で使い、また学ぶこの「手法」について、記事として紹介できるのは嬉しいことです。 もし、この話を懐疑的に感じているとしても理解できます。私自身、何年も前にイノベーションの背後に在る「科学」の研究を始めるまではそうでした。イノベーションとは、「人」について考えることに尽きます。詰まるところ、我々は人のために物を作る人なのです。 この記事を読む際には、「成長型の発想」の考え方を受け入れ、新たな視点に心を開いてみてください。「成長型の発想」について、「Mindset: The New Psychology of Success」の作者キャロル・ドウェックは、努力と学習が成長と成功に等しいという説明をしています。つまり、失敗から正しく学び努力すれば、成功につながるるという意味です。 デザイン思考の進め方 デザイン思考のプロセス(手法)はIDEOで開発され、スタンフォード大学のデザイン研究所d.schoolで教えられてきました。プロセスの最終的なゴールは、人々が望むものであり、実際に役に立つ可能性を持ち、技術的な実現可能性のある、製品、サービス、体験をつくりだすことです。 デザイン思考のプロセスでは、広範な共同作業と頻繁な繰り返し作業が行われ、5つの明確に分けられたフェーズ(共感、問題定義、アイデア化、プロトタイプ、テスト)を行います。その際に重要な点は、個々のフェーズの作業だけに集中することです。そして素早く繰り返すことです。 デザイン思考の各フェーズを、Adobe XDの開発経験を通して説明することにしましょう。アドビのエンジニアリングディレクターVincent Hardyが彼の記事で書いたように、Adobe XDチームは、月に2回のプライベート版と、月1回のパブリック版プレリリースを公開するという、大変果敢なスケジュールをこなしています。また、UserVoiceサイトを管理して、ユーザーからのバグの報告や新しい機能の提案を素早く学んでは、検証して優先順位を付け、必要と判断すればいつでも進む方向を変えます。 Adobe XDの開発チームは、専任の統合的なチームとして活動しています。T字型のデザイナー、エンジニア、プログラムマネージャー、マーケティング、そして私の様な製品マネージャーがいます。 T字型の人は、1つの事に非常に長けていながら、チームで他の役割もこなせる人です。常に好奇心を持ち、他の立場に強く共感する力が必須です。 デザイン思考は常に挑戦から始まる Adobe XDが生まれる前の課題は次のようなものでした。 「PhotoshopとIllustratorはそもそも今日のUXが抱える挑戦のために設計されたものではなかった」 Adobe XDチームが、この問題を解決するアイデアを考え始める前に、まず人々と話をしに出かけたことは、デザイン思考プロセスの特徴的な点でした。 フェーズ 1 : 共感 共感は、誰かの立場に身をおいて、その人の目を通して物を理解するフェーズです。これを実現するために、1) インタビュー、2) 観察 、3) 体験の3つの方法が使われます。 1) インタビュー Adobe XDチームは定期的に顧客に会い、実際のワークフロー、デザイナーが感じていること、働いている環境、困っていること、期待していること、などを調べます。アメリカだけでなく、世界各地でインタビューを実施しています。人により、様々な問題の見方や解決方法があるのを知るのは、素晴らしい体験です。インタビュー中は、文化人類学者のように振舞い、中立を保つのが重要です。答えは分かっているように思えた場合も、理由をちゃんと質問します。 ヨーロッパでインタビューをするAdobe XDの製品マネージャー達 トヨタが社内の製造工程を進化させる過程で使用された、豊田佐吉氏により開発された興味深いフレームワークがあります。それによれば、「何故?」を5回聞くと、どんな問題でも根本に辿り着けるということです。自分が好奇心の強い子供になって、対象がなんであれ、周りの事がそうなっている理由を知りたがっているかのように振舞うのです。 インタビューを実施する際の良い戦略は、回答に影響を与えないようにして、強い信頼関係を築くことです。決して、「これは良いんです。そうですよね?」と聞いてはなりません。代わりに、「これについてどう思いますか?」と尋ねましょう。更に良い質問は、「XXをしていたときに困難だった話を教えてください」です。「物語」を求めるのは、 多くの貴重な情報を与えてくれる、非常に強力な手法です。例えば、10代の流行を知りたければ、1万円で何を買うか聞いてみることです。 […]

리타기팅으로 잠재 고객 행동 유도하기

Adobe 어떤 사람을 대상으로 마케팅을 해야 제품 구매를 유도할 수 있을까 하는 것은 모든 마케터들의 공통된 고민일 것입니다. 성별, 나이나 특정 관심사를 가지고 있는 사람을 타기팅하는 것은 온라인 마케팅에서 일반적인 기법이 되었습니다. 이용자의 검색 경로, 검색어 등의 데이터를 분석해 고객이 필요로 하는 정보를 자동으로 노출하는 프로그래머틱 광고도 주목을 받고 있습니다. 같은 맥락에서 광고를 집행할 때도, […]

Franke Group: A Remodeler’s Dream

Adobe In remodeling, there’s often the vision and then the reality—with homeowners, contractors and others all hoping both worlds come together. Franke, a leading provider of products and solutions for home kitchens and bathrooms, understands this firsthand and has introduced groundbreaking digital experiences that close the gap between a person’s dream kitchen or bath, and […]

Using an Entrepreneurial Mindset to Design Your Dream Career

Creative Cloud Many designers have made the leap from employee to employer, often taking the side hustle highway along the way. We spoke with two designers who are no longer designing just products, but also a culture, a company and a future for themselves and the people they now employ. Both Josh Zac of Turtle […]

DOCMA Award 2017: Adobe Stock stiftet Sonderpreis „Composing“

Adobe Räumt mit eurem Composing und eurer Story  attraktive Preise ab! Bilder erzählen Geschichten. Ob es sich dabei nun um ein einzelnes Foto handelt, eine Grafik oder eine komplexe Komposition – die große Kunst besteht darin, die Story auf den Punkt zu bringen. Genau das ist die Herausforderung beim DOCMA Award 2017. Unter dem Motto […]

Reaching Enterprise Customers Through Personalization

Marketing Cloud More than 7,000 companies worldwide rely on Informatica software tools for establishing and maintaining enterprise data warehouses. In five years, Informatica wants to double its value to $10 billion by focusing on customer experiences. Informatica currently serves customers from 30 websites and in 8 languages. After charting the path for growth, IT and […]

2017년 7가지 디자인 트렌드

Adobe 2017년 무엇인가 참신한 영감이 필요한 시점입니다. 디자인은 언제나 진화하고 있으며, 고객을 위한 최상의 경험을 구축하기 위해서는 디자인 세계의 최신 트렌드를 간파하는 것이 중요합니다. 기업이 모든 트렌드에 편승할 필요는 없지만 2017년에 주목할 만한 몇 가지 트렌드를 소개해 드리겠습니다.   모노라인 일러스트레이션   플랫 디자인(간결함, 여백, 선명한 가장자리를 특징으로 하는 미니멀한 디자인 접근 방식)이 현재 진행형 […]

目指せ賞金2万5000ドル!「Imagine Dragons」MV編集の腕を競って応募しよう #MaketheCut #PremierePro25

Adobe   ただいま開催中の「Make the Cut」は、Premiere Pro25周年を記念したコンペティション。グラミー受賞アーティストであるアメリカのオルタナティブロックバンド「Imagine Dragons」のニューシングル「Believer」の未編集のミュージックビデオ素材をAdobe Premiere Pro CCで編集したオリジナルビデオを募集しています。 こちらが「Believer」の公式ミュージックビデオ。既に1300万回再生されている、世界的大ヒットシングルです。あなたの感性で、世界にひとつだけのミュージックビデオを編集できるチャンスです。 ■グランプリには賞金2万5000ドル、アカデミー賞受賞者が審査員 この「Make the Cut」コンテスト、グランプリ受賞者への賞金は、なんと2万5000ドル(USD)!!! 応募作品を審査するのはImagine Dragonsのメンバーのほか、映画『Gone Girl』や米ドラマ『House of Cards』の編集をてがけ、アカデミー編集賞を2度も受賞している映像エディターKirk Baxterや映画『Straight Outta Compton』の映画・TV番組編集者のBilly Fox、アドビの最高マーケティング責任者(CMO)のAnn Lewnesら、第一線で活躍するクリエイティブのプロが選考します。あなたの編集映像をハリウッドの一流クリエイターに披露する絶好の機会です。 評価のポイントになるのは、 ・独創性と創造性 ・Premiere Pro CC機能の応用力 ・作品の全体的な魅力 など。 グランプリの他にも賞金2500ドル(USD)、1年間のCreative Cloudサブスクリプション、およびAdobe Stockの25クレジットが贈られる「特別部門賞」や、賞金1000ドル(USD)と1年間のCreative Cloudライセンスが贈呈される「Fan Favorite(ファンお気に入り賞)」、「Best Unexpected(最優秀奇想天外賞)」、「Best Young Creator(最優秀若手ヤングクリエーター賞)」、「Best Short Form(最優秀短編賞)」のなどの部門賞もご用意しています。 締切は2017年4月8日(土)の23:59(米国東部標準時)。応募の詳細は公式ページにて。 ■Imagine Dragonsとは? それではここでImagine Dragonsをご紹介。Imagine dragonsはラスベガス出身のオルタナティブロックバンド。映画『トランスフォーマー ロストエイジ』の主題歌である「BATTLE CRY」を書きおろしで提供した…といえばその曲をご存知の方も多いのではないでしょうか。また3月24日(金)に公開される、ジェニファー・ローレンス主演映画『パッセンジャーズ』にも楽曲を提供しています。 また、オンラインゲーム『League of Legends』のためにも音楽を提供。 メンバーの3人がバークリー音楽大学出身ということもあり、既存のオルタナティブ・ロックの枠に収まらない、ドラマチックで壮大、開放感にあふれた音楽が魅力。アルバム『ナイト・ヴィジョンズ』は200万枚、『ナイト・ヴィジョンズ』は400万枚以上を売り上げ、ビルボードのアルバム・チャート2位、Spotifyにて1位を獲得。900万以上のセールスを記録したシングル「レディオアクティヴ」はロック・ミュージックにおいて最もデジタルでセールスを記録した曲になり、2014年のグラミー賞で最優秀ロック・パフォーマンスを受賞する…などなど、輝かしい経歴を持つ世界的アーティストです。 それではコンテストに応募する方のために、「Make the […]

Brackets 1.9 リリース – ブラウザ上で選択したエレメントのコードハイライト機能など

{$inline_image} Adobe Bracketsの最新版が3/23にリリースされました。ライブプレビュー中にブラウザ上でエレメントを選択すると、対応するコードがハイライトされる機能などが追加されています。今回の主なリリース内容は以下の通りです。 Brackets 1.9 最新機能 リリースノート(英語)に紹介されている新機能は以下の通りです。 ライブプレビューでのリバースインスペクト ライブプレビューで Brackets 1.9 にリバースインスペクトが搭載されました。ライブプレビューでエレメントをクリックすると、ソースコードの対応するタグがハイライト表示されます。 検索と置換での「すべて置換」操作のサポート Brackets の検索と置換でバッチ処理に加え、「すべて置換」がサポートされるようになりました。 ダウンロード数の表示とダウンロード数に基づいた拡張機能のソート Extension Manager で、一覧表示された拡張機能のダウンロード数が表示されるようになりました。「入手可能」タブや「テーマ」タブでダウンロード数または公開日に基づいて、拡張機能を並べ替えられるようになりました。 名称未設定のドキュメントでのモードの切り替え 名称未設定のドキュメントの言語モードを切り替えられるようになりました。また、選択したモードのコードの色付けとコードヒントも名称未設定のドキュメントでサポートされるようになりました。 分割ビューでのドキュメントの切り替え ショートカットキーを使用して、ペイン間でフォーカスを切り替えられます。 GitHub OrganizationアカウントのBrackets拡張機能サポート GitHub OrganizationアカウントでBracketsの拡張機能を公開可能になりました。